スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ポーランド、国外への出稼ぎ労働経験者に対する世論調査
以下コピペ

ワルシャワ公共問題協会(ISP)が、過去10年間に3か月以上、海外(特に英国、アイルランド)での出稼ぎ労働を経験した人物を対象に行った世論調査によると、対象者のうち33%が「再び海外への出稼ぎ労働に行くつもり」、37%が「行かない」と回答した。
また、65%が海外からポーランドに帰 国したことが正しい決断だったと回答した。
一方、ポーランドに帰国したことに失望しており、再び出稼ぎ労働に行きたいと回答したのは、わずか5%だった。


wikipedia アイルランドより
ケルト系のアイルランド人が大多数を占める。第1公用語はアイルランド語、第2公用語は英語である。しかし一部の地方の中高年の層を除き殆ど全ての人が英語を使用している。近年はポーランドからの出稼ぎ移民が急増し、話者人口では既にポーランド語話者がアイルランド語話者を大きく上回っている。ダブリンだけでも、なんと12万人のポーランド人が居住しており、政治的影響力も年々増大している。
ポーランドの事 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://polski.jugem.jp/trackback/4
<< NEW | TOP | OLD>>